レース展望

萩野滋夫のレース展望
  • BOAT RACE浜名湖がある湖西市新居町がJLCアナウンサー・荻野滋夫のふるさと。
    幼いころから感じていたレーサーへの憧れが、ボートレースへの情熱の源です。
    選手の近況成績やリズムだけでなく、個性や人柄を交えてお送りする『シリーズのプロローグ』は情報多彩で情緒満点。レースイメージの翼を広げるためのお供にどうぞ。

  • 2018年5月31日(木)・6月1日(金)・2日(土)・3日(日)・4日(月)・5日(火)
  • 一般 ヴィーナスシリーズ第2戦 HamaZoカップ

    • 長嶋万記
    • 4190
    • 長嶋万記 /静岡
    • 松本晶恵
    • 4399
    • 松本晶恵 /群馬
    • 中村桃佳
    • 4823
    • 中村桃佳 /香川

オールスターメンバーを含め、女流トップレーサー集結!

『ヴィーナスシリーズ第2戦 HamaZoカップ』は5月31日(木)から6月5日(火)までの6日間開催。登録16年未満の女子レーサーによる個性あふれる戦いに注目が集まります。

長嶋万記・松本晶恵・守屋美穂・竹井奈美のオールスター組4選手をはじめ中村桃佳・原田佑実・浜田亜理沙・平田さやかの4選手など、女子レーサーを代表する名だたるメンバーが浜名湖に集結。主軸を絞るのが難しいほど粒揃いです。

それでも長嶋万記選手が優勝候補筆頭。2016年半ばから勝ち切るスタイルに変貌を遂げています。社会貢献活動も積極的に行なっている静岡の精神的支柱は、2017年前期の1着率が38.0%に及ぶと後期は40.6%と驚異的な数字をマーク。昨年V8、今年もすでにV2と勢いは変わっていません。感謝の気持ちを胸に戦い抜きます。

先の尼崎オールスターで準優進出。存在感を示した松本晶恵選手も優勝に最も近い一人です。2016年の「クイーンズクライマックス」女王は常に謙虚。おごることなく丁寧に一戦一戦を積み上げてきます。コースに関係なく連に絡んでくるだけに1・2着想定で舟券に組み入れたいものです。

この両者に次ぐのが中村桃佳選手。今年は3月にびわこで開催された「GⅡレディースオールスター」でインから逃げて優勝。さらに来期は6.83でA1復帰を決めています。果敢さが魅力で思い切りよく勝負するだけに舟券を託す頼もしさが光ります。

さらに守屋美穂選手が追走。オールスターでも勝利を挙げポテンシャルの高さと飛躍の可能性を示しました。元来、ムリのない流れに乗った競走がスタイル。広い浜名湖水面を有効に活かして連軸となることでしょう。

そのほか…
尼崎オールスターでは結果が出せず悔しい思い。他を圧倒する全速ターンで展開をつくり切り裂く竹井奈美選手

直前に行われた桐生・オールレディースで2コースから差し、自身初優勝。このまま上昇気流に乗っていきたい土屋千明選手

今年1月の宮島W優勝戦で自身2回目のV奪取。先輩の薫陶を受け、地道に重ねてきた練習成果が発揮されている塩崎桐加選手

先月多摩川でインから逃げて自身初V。安定したレースぶりが定着し優出ラッシュの水野望美選手など、注目の女流若手は枚挙にいとまがありません。

5月31日(木)初日の『ヴィーナスシリーズ第2戦 HamaZoカップ』にご期待ください。

公式アカウント

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
TOPへ