レース展望

萩野滋夫のレース展望
  • BOAT RACE浜名湖がある湖西市新居町がJLCアナウンサー・荻野滋夫のふるさと。
    幼いころから感じていたレーサーへの憧れが、ボートレースへの情熱の源です。
    選手の近況成績やリズムだけでなく、個性や人柄を交えてお送りする『シリーズのプロローグ』は情報多彩で情緒満点。レースイメージの翼を広げるためのお供にどうぞ。

  • 2018年9月28日(金)・29日(土)・30日(日)・10月1日(月)・2日(火)
  • 一般 40th静岡朝日テレビ サンライズカップ

    • 角谷健吾
    • 3613
    • 角谷健吾 /東京
    • 秋山直之
    • 3996
    • 秋山直之 /群馬
    • 馬場貴也
    • 4262
    • 馬場貴也 /滋賀

今年V5の角谷健吾が浜名湖で牙城築く!

『40th静岡朝日テレビ サンライズカップ』は9月28日(金)から10月2日(火)までの5日間開催。記念級のベテランから新人まで幅広いメンバー構成となっています。

今年V5と絶好調の角谷健吾選手を筆頭に、V3の秋山直之選手と馬場貴也選手が中軸。優勝戦線を形成していくことでしょう。

角谷健吾選手は今年、平和島(2月)・徳山(3月)・津(6月)・下関(7月)・芦屋(8月)で優勝。勢いはとどまるところを知りません。攻め一辺倒ではなく、差し場を鋭く突くレースにも定評があり、大崩れもありません。その実力を5月以降の勝率7.39、3連対率74.8%という数字が物語っています。

また、SG常連の秋山直之選手は今年、オールスター・グラドチャンピオン・オーシャンカップ・メモリアルとSGに連続出場。9月の蒲郡ダービーのメンバーでもあります。桐生(1月)・平和島(3月)・若松(3月)で優勝しており、成績も堅調に推移しています。持ち味である全速戦のほか、時に見せる変化技も魅力いっぱい。レース内容を堪能しつつ舟券の軸として狙いたいものです。

さらに、2月、この浜名湖で優勝を飾っている馬場貴也選手からも目が離せません。5月以降の勝率は7.36。角谷選手に次ぐ成績をマーク。鋭発スタートと握りマイが特徴ながら、2コース差しが巧く勝ち切るのが隠し味。狙いを定めたいところです。

このほか…
柔軟なさばきで舟券に貢献するスタイルは終始一貫。現在3連対率68.1%を誇る福岡の枝尾賢選手

昨年夏、常滑で初優勝しリズムアップ。近況も好調、5月以降の勝率6.37で初のA1勝負がかかる佐賀の102期生・藤田浩人選手

ガンガン目立つわけではないものの調整力やレース展開力は秀逸。現在25期連続A1キープ中の鈴木博選手

現在A2ながら、実力は記念クラス。ベテラン力で激戦を戦い抜く横澤剛治選手と山下和彦選手

東京支部ながら浜松生まれ。浜名湖では優勝歴もある桑原将光選手

地元静岡の人気レーサーは早や中堅。差し中心に展開をさばくレースが持ち味の原豊土選手

2月に芦屋で優勝。行き足を快速に仕上げ、迫力ある旋回で他を圧倒する別府昌樹選手など、メンバーは多彩です。

9月28日(金)から開催となる『40th静岡朝日テレビ サンライズカップ』にご期待ください。


公式アカウント

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
TOPへ