レース展望

萩野滋夫のレース展望
  • BOAT RACE浜名湖がある湖西市新居町がJLCアナウンサー・荻野滋夫のふるさと。
    幼いころから感じていたレーサーへの憧れが、ボートレースへの情熱の源です。
    選手の近況成績やリズムだけでなく、個性や人柄を交えてお送りする『シリーズのプロローグ』は情報多彩で情緒満点。レースイメージの翼を広げるためのお供にどうぞ。

  • 2021年10月22日(金)・23日(土)・24日(日)・25日(月)
  • 一般 オレンジリボン運動支援競走 BTS玉川23周年記念Wave21杯

    • 本多宏和
    • 4492
    • 本多宏和 /愛知
    • 松下一也
    • 4207
    • 松下一也 /静岡
    • 西山昇一
    • 3022
    • 西山昇一 /愛知

見どころ満載の男女混合戦

「オレンジリボン運動支援競走 BTS玉川23周年記念Wave21杯」は10月22日(金)から25日(月)までの男女混合戦。多彩な戦いを堪能できそうです。

シリーズの中心は本多宏和・松下一也・西山昇一の3選手。優勝候補の核となりそうです。

中でも本多宏和選手は今年、常滑(1月)・常滑(6月)・三国(8月)・蒲郡(9月)・多摩川(9月)で優勝しており存在感バツグン。特に、夏以降は3節連続優勝。三国と蒲郡は4コースまくり、多摩川はインから逃げて栄冠を獲得しています。
十八番の柔軟性あるスピード戦で混戦を抜け出してくることでしょう。

また、松下一也選手は地元浜名湖ではまだV2(2007年1月と2018年8月)。A1キープのためにも上位着を重ね優勝を成し遂げたいものです。現状の6.11から6.20台に乗せることも不可能ではありません。

さらに大ベテランの西山昇一選手も舟券貢献度が高く、3連対率は68.7%に及びます。
「レースできる乗り味」を基本に、コース不問で戦うのがその流儀。自身3回目の浜名湖Vに向け経験値を活かします。

一方、女子の中心は水野望美選手。近況の3連対率が57.3%と、舟券を託すに値する実績を残しています。安定感あるスタート力を駆使し激戦に持ち込めれば、コースに関係なく戦えることでしょう。ゴールまであきらめない姿を堪能したいものです。

そのほか…
地元浜名湖では圧倒的な強さをみせ通算V12。今年7月22日にもインから逃げて優勝している横澤剛治選手

マスターズ世代に入ってから躍進。ソツなき競走スタイルの底辺に攻めるレースが存在する山本英志選手

浜名湖は1999年の地区選手権、2004年の周年記念を含めV5と好相性の新美恵一選手

今年2月3日の浜名湖W優勝戦でインから逃げて優勝している池田雄一選手

昨年12月の浜名湖でインから逃げて優勝。水面特性を把握している平見真彦選手など、メンバーは実に多士済々です。
10月22日(金)から25日(月)まで開催の男女混合戦「オレンジリボン運動支援競走 BTS玉川23周年記念Wave21杯」にご期待ください。
(文中データは10月8日時点のものです)

公式アカウント

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Youtube
  • Youtube
TOPへ