モーターランキング

モーター番号をクリックすると、使用選手の履歴がご覧いただけます。

(※現モーターの使用開始:2019年4月10日)

BOAT Boy CUP

2019年6月25日 終了時点

※総評・短評は現地記者による評価となります。
【総評の基準】 最高評価を「S」とし、順に「A」 「B」 「C」 「D」 「E」となります。

順位 前節比
(前節成績)
番号 総評 2連
対率
勝率 優出
回数
優勝
回数
短評
1 59 58.3 6.82 3 1 回転を上げる調整ならピット離れが強力。伸びは目立たないが、行き足、回り足は抜群。
2 43 56.4 6.53 2 0 ペラ調整に苦労していたが、回り足に関しては初日から強力で、勝率なりに動いていた。
3 (5) 12 50.0 6.41 3 0 伸びは目立たずも出足、回り足はパワフル。行き足も整えスタートにレース足もスムーズ。
4 (3) 51 48.3 6.11 1 1 終盤は全体的な上積みがあったが、勝率ほどの力感には程遠く、中堅止まりの印象。
5 (4) 61 47.2 6.07 1 0 伸び型で出足不足に悩んでいたが、終盤は伸び下降も出足、行き足の良化が見られた。
6 (23) 46 43.5 6.24 2 0 序盤は出足、回り足に力感あったが、その後は目立たなくなり、中堅の域を脱せなかった。
7 (15) 60 43.3 5.83 2 0 初日からバランスいい足で、調整の手を加えずとも上位級のパワーをキープしていた。
8 (26) 62 43.1 6.02 2 0 ピット離れ仕様で出足は盤石。行き足も上積みさせて自力で決着をつけるレースもあった。
9 (13) 50 43.1 5.76 2 0 出足、行き足あり、スタートは決まっていたが、正味の足は劣勢で、競ると分が悪かった。
10 (6) 35 42.5 5.78 1 0 1走目にフライング。その後のレース内容は悪いが、展示タイム類は良く、気配は勝率通り。
11 (9) 1 42.3 6.19 1 1 全体に非力な印象でスタート届かず、レース足も不足。最終日にイン逃げでようやく1着。
12 (11) 19 42.1 5.72 0 0 出足、行き足の良化顕著で、準優はまくって見せ場を作った。勝率通りのパワーを発揮。
13 (14) 5 41.6 5.85 2 0 中盤まで皆目状態も、4日目は行き足中心に急上昇。ペラ合い勝率通りの状態に回復。
14 (10) 17 39.6 5.68 0 0 今節はノーハンマー。終盤はズレていた印象も、回り足、レース足良く、接戦を演じた。
15 (18) 45 39.6 5.51 0 0 中盤までは伸びに回り足と上積みさせて好走したが、準優以降は目立たず、中堅止まり。
16 (17) 36 39.3 5.90 2 0 前節ほどの迫力は見られなかったが、回り足は安定しており、展開を突ける足はあった。
17 (7) 33 39.2 5.59 0 0 4日目までは回り足、出足の良さを見せたが、最終日はさほど目立つ気配がなかった。
18 (19) 7 39.2 5.29 1 1 ギアケースを交換後に出足が上向き、バランスが良くなった。展開を突ける足は十分ある。
19 (12) 34 38.9 5.85 2 0 上位機に圧倒される日もあったが、乗り心地重視に切り替えてからは、全体に上積み中堅級。
20 (8) 38 38.9 5.37 0 0 体重差もありピット離れ、出足、行き足は劣勢。自力で攻められず、展開も捕らえられず…。
21 (20) 39 38.9 5.63 2 1 伸びは不足していたが、出足、回り足を整えて優出。足は中堅クラスも、乗り心地は安定。
22 8 38.4 5.08 1 0 出足、回り足はしっかりしていたが、伸びは不足気味。素性通りの出足型に終始した。
23 (24) 64 38.1 5.35 0 0 序盤は小さくまとまっていた印象だが、部品交換後は行き足の鋭さが増して着実に上積み。
24 (27) 20 38.0 5.07 1 1 乗り心地の調整に苦労しており、成績が伴わなかったが、最終日は回り足の良化が見られた。
25 6 37.9 5.52 1 0 シリーズでは高勝率機の部類だが、伸びは目立たずスタートを決めづらい足。中堅クラス。
26 (16) 24 37.8 5.33 2 0 最終日こそ不発だったが、回り足を中心にパワフルで、連日舟券に絡み、好配当を連発した。
27 (31) 53 36.8 5.28 3 1 2節連続で優勝戦1枠も、突出していい部分はなく、優勝戦もダッシュ艇に伸びられ…。
28 57 34.9 5.35 0 0 初日から出足は好調。格上相手に接戦を演じており、レース足に関してもいい部類だった。
29 (33) 10 34.4 5.40 1 0 ペラ調整で出足、回り足を日々良化も、最終日は再び調整を外したか、回り足が悪化。
30 (29) 66 34.3 5.25 2 1 序盤を思えば足の良化は見られたが、特徴的な部分はなく、もうひと足欲しい印象。
31 (21) 3 33.8 5.44 2 0 ピット離れは常に悪かったが、新ペラに交換後も回り足は好状態をキープしていた。
32 (34) 22 33.3 4.83 2 0 同格相手の1Rでなら通用するが、行き足が足りず、スタートで攻め切れず、展開に注文がつく。
33 (35) 58 33.3 5.50 1 0 伸びは目立たなかったが、出足、回り足が良く、最終日選抜戦でも連争いに参加していた。
34 (52) 2 32.8 4.72 2 0 乗り心地重視のペラ調整で初日から舟足軽快。特にスリットを過ぎてからの加速感がいい。
35 (36) 27 32.6 5.10 1 0 2日目はダッシュ乗り良く見せ場を作ったが、全体に小ぢんまりとした印象で突破力に欠ける。
36 (43) 47 32.2 4.89 0 0 ターンスピードを発揮して先行艇に肉薄するも、出足が足りず、接戦をものにできない。
37 (30) 48 31.3 5.29 0 0 ペラ調整に苦労して行き足が徐々に低下。スタートが決まらなくなり、展開を作れない。
38 (44) 65 31.3 4.90 1 1 伸び一辺倒で出足、回り足は不足も、優勝戦は外枠で伸びを特化。回り足の上積みもあった。
39 (51) 49 30.6 5.18 1 1 エース機の59号に競り勝つレースもあり、日を追うごとに全体的な上積みが見られた。
40 (32) 11 30.5 5.03 0 0 前操者と体重差はあってもスリット近辺の気配は良好。成績は悪いが、改めて見直したい。
41 (38) 30 30.3 4.84 0 0 前検日から新ペラ。調整して徐々に上向かせている印象だったが、それでも中堅あるかないか。
42 52 30.0 5.18 0 0 伸びは及第点も、出足が足りず、伸びにつながらない。ターン回りの不足感はなかった。
43 (39) 40 29.8 4.75 1 0 2日目のリング交換が当たり、回り足を中心に足の上積みに成功。同格相手なら善戦可能。
44 (37) 18 27.4 4.81 0 0 ペラが合わず徐々に足落ちしていたが、最終日は持ち直して出足、回り足は上積みした。
45 (40) 56 27.4 5.11 0 0 回り足は整っていたが、伸びが足りず、上位機相手には劣勢。同格同士なら好勝負は可能。
46 (45) 14 27.1 5.05 1 0 伸びは足りないが、出足に関しては不足感はなかった。ただし、気象条件に合わせた調整は必要。
47 37 27.1 4.88 0 0 突出していい部分はないが、スタートが決まっており、道中の回り足も不足感はなかった。
48 55 27.0 4.88 0 0 特徴的な部分は見られなかったが、相手次第では優勢に運ぶ場面もあり、中堅は十分ありそう。
49 (41) 4 26.6 5.18 0 0 部品交換の効果もあって、日を追うごとに出足が上向き、レース足も力感を増した。
50 13 26.4 4.42 1 0 初日は行き足が上向き、その後は回り足も良化。前節を思えば見違える足になっていた。
51 (49) 16 26.4 5.02 0 0 同格戦なら好勝負も、上位機に太刀打ちできず。低勝率ボートとの相性が良くないとの指摘も。
52 (46) 31 23.8 4.84 1 0 重量級でピット離れは常に劣勢。伸びに関しては、相手によっては下がることがなかった。
53 (54) 26 23.2 4.68 1 0 序盤は非力だったが、2日目に新ペラに交換してからは、全体にパワーアップし、中堅は十分。
54 (55) 21 22.4 4.41 1 0 序盤に比べればスタートの行き足は整っていたが、展開を突けず、正味の足は不足していた。
55 (56) 41 22.4 4.36 0 0 最終日にピストンリング交換で行き足、回り足が急激に良化し、連勝を果たした。
56 (53) 29 22.2 4.38 3 0 当地初出場で水面に戸惑っていたが、道中接戦に加わる場面があり、成績ほど劣悪ではない。
57 63 22.0 3.48 0 0 直線は及第点を与えたが、伸びに関しては不満。見せ場を作ることはできなかった。
58 9 21.0 3.95 0 0 初のスロー戦でスタートに苦労していたが、道中はオーバーターンで回り足の不安を露呈。
59 (60) 15 17.3 4.11 0 0 ペラ調整の反応はあっても、特徴が突出するだけでバランスを取れず…。上位機に対しては劣勢。
60 (59) 44 17.1 4.33 1 0 全体に小さくまとまっていたが、最終日は展示タイムが良くなり、直線気配は上向いていた。
61 28 17.0 3.79 0 0 伸びず回り足も足りず、終始、厳しい状態。果敢に踏み込んだが、フライングでツキもない。
62 25 14.0 3.58 0 0 2走目の転覆後はサッパリ。ペラに整備と手を尽くしたが、良化の兆しは見られなかった。
63 54 13.9 3.74 0 0 前検日から行き足が足りず、レース足も目立たなかった。本体整備も効果も見られず…。
64 23 13.7 3.45 0 0 起こすタイミングは他と一緒でも、スリットで置き去りにされるほど行き足がなかった。
65 32 10.2 3.10 0 0 2走目にカドからまくり、行き足上昇を示したが、その後はターン回りが良くなく展開突けず…。

公式アカウント

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Youtube
TOPへ