モーターランキング

モーター番号をクリックすると、使用選手の履歴がご覧いただけます。

(※現モーターの使用開始:2019年4月10日)

デイリースポーツ杯

2019年6月18日 終了時点

※総評・短評は現地記者による評価となります。
【総評の基準】 最高評価を「S」とし、順に「A」 「B」 「C」 「D」 「E」となります。

順位 前節比
(前節成績)
番号 総評 2連
対率
勝率 優出
回数
優勝
回数
短評
1 59 60.3 6.89 3 1 スリット付近の足は抜群も、3日目にフライングを切った後は、鳴りを潜め…。改めて注目。
2 (3) 43 55.7 6.50 2 0 気象条件の変化で良し悪しがはっきり出ていたが、気候に合えばポテンシャルは高さをアピール。
3 (2) 51 50.9 6.17 1 1 展開が向かないレースが多かっただけで、機勝率なりの気配は保っていた。中堅は十分ある。
4 61 50.0 6.22 1 0 伸びは高いレベルで安定していたが、体重もあって出足は普通。回転さえ合えば上昇可能。
5 12 49.0 6.29 3 0 気温が上がると起こしがついてこなかったが、レース足良く、道中追い上げる場面があった。
6 35 47.9 6.27 1 0 伸び型からバランス良く仕上げていたが、最終日はボート交換の影響もあり、全体に下降。
7 33 45.8 6.10 0 0 出足、回り足良く展開を捕らえていたが、最終日は調整を外したか、目立たなくなった。
8 38 44.2 5.87 0 0 ピット離れ重視の調整で伸びが不足していたが、5日目にペラの形を変えてからは全体に上昇。
9 1 43.1 6.39 1 1 事故の影響なく、回り足を中心にバランス良く仕立てた。準優でも通用したはず…。
10 17 43.1 5.98 0 0 出足、回り足は高値安定。回転が合えば行き足もいいが、伸びは出ていくほどではない。
11 (12) 19 41.6 5.38 0 0 序盤から成績以上の好気配を披露。中盤以降は回り足が強力で、最終日はピット離れも出た。
12 (14) 34 41.1 5.88 1 0 同格相手では通用したが、上位機相手には見せ場を作れず…。出足型の印象。
13 (18) 50 41.1 5.59 2 0 序盤はスタート勘をつかめていなかったが、中盤以降は積極的に攻めており、行き足、伸び良好。
14 (13) 5 40.3 5.87 2 0 2日目連勝時は伸びに回り足とバランス取れてパワフルだった。優勝戦でも行き足は好気配。
15 60 40.3 5.62 1 0 スタートに課題あって着を拾えなかったが、行き足、回り足は常に好気配。今後も注目の1基。
16 (31) 24 39.6 5.28 2 0 初日から出足、回り足はしっかりしており、ピット離れがいい時も。伸びは下がらない程度。
17 (24) 36 39.6 6.00 2 0 初日から行き足は抜群。伸びの迫力はそれほどでもないが、旋回後の押し良く、レース足が特徴。
18 (16) 45 39.6 5.51 0 0 中盤までは伸びに回り足と上積みさせて好走したが、準優以降は目立たず、中堅止まり。
19 (25) 7 39.2 5.29 1 1 ギアケースを交換後に出足が上向き、バランスが良くなった。展開を突ける足は十分ある。
20 (17) 39 39.2 5.51 1 1 序盤は伸びに回り足と気配は良かったが、中盤以降は周りも出してきたか、目立たなくなった。
21 (30) 3 38.8 5.93 2 0 気象条件の変化に大きく左右されていた。天候回復した3日目連勝。バランスいい足だったが…。
22 (26) 8 38.6 5.11 1 0 予選7位で優出は逃したが、中盤以降は出足、行き足を中心に仕上げ、上位とそん色ない状態に。
23 (19) 46 38.4 6.06 2 0 上位機相手には歯が立たなかったが、同格相手の1Rでなら展開を突ける足あり、好走した。
24 (20) 64 38.3 5.23 0 0 ペラの形が違うとノーハンマー。チルトで回転を調整したが、伸び良くても回り足は不足気味。
25 (11) 6 37.9 5.52 1 0 シリーズでは高勝率機の部類だが、伸びは目立たずスタートを決めづらい足。中堅クラス。
26 (22) 62 37.1 5.71 2 0 ペラ調整が合って中盤以降の行き足は良かったが、伸びと回り足は上位機相手には劣勢だった。
27 (23) 20 37.1 5.05 1 1 出足、回り足は及第点も、伸びは劣勢。中間着が多いように、ハンドルさばきで補っていた印象。
28 (21) 57 36.3 5.51 0 0 ピット離れ仕様にペラをたたいてからは、そのピット離れと出足に力強さが感じられた。
29 (28) 66 35.5 5.29 2 1 ギアとペラの調整でバランス良く強化させた日もあったが、ボート交換後は目立たなくなり…。
30 (36) 48 34.8 5.53 0 0 スピードつけて回っても、そこから出ていかず、レース足がない。行き足だけは及第点がつく。
31 (41) 53 34.6 5.14 2 1 成績はまとめ、優勝戦はイン逃げを決めたが、威張れる部分はなく、中堅の域を脱していない。
32 (29) 11 34.6 5.46 0 0 軽量の利もあり、行き足、伸びは初日から強力。強豪男子相手に競り勝ち、レース足も良かった。
33 (32) 10 34.0 5.34 1 0 序盤は伸び良く、中盤はレース足が上向き。ただ、調整を外した終盤は目立たなくなり…。
34 (27) 22 33.3 4.83 2 0 同格相手の1Rでなら通用するが、行き足が足りず、スタートで攻め切れず、展開に注文がつく。
35 (37) 58 33.3 5.50 1 0 伸びは目立たなかったが、出足、回り足が良く、最終日選抜戦でも連争いに参加していた。
36 (34) 27 32.6 5.10 1 0 2日目はダッシュ乗り良く見せ場を作ったが、全体に小ぢんまりとした印象で突破力に欠ける。
37 (35) 18 31.4 5.06 0 0 スタート展示から行き足、伸びは際立っていた。出足、回り足も力感あり、上位とそん色ない。
38 (39) 30 31.3 4.82 0 0 節間2度の事故で回り足の不安を露呈。レース足の面でも劣勢感は否めず、中堅下位の印象。
39 (33) 40 30.5 4.86 1 0 スリットで後手に回るレースが多々あり、行き足、伸びが不足。最後まで見せ場を作れず…。
40 (38) 56 29.6 5.31 0 0 ペラ調整の試行錯誤はあったが、中盤以降は出足、行き足と上向き、中堅上位のジャッジ。
41 (53) 4 29.4 5.16 0 0 伸びは強調できないが、出足とターン回りは整っており、持ち味を発揮できる状態をキープ。
42 (51) 52 29.2 5.07 0 0 低調機シリーズでなら戦える足。スタートで下がることはなく、出足、回り足の不足感もない。
43 (42) 47 28.3 4.64 0 0 出足、行き足は悪くなかったが、伸びは不足しており、スタートが決まらないと苦しい。
44 65 27.9 4.56 0 0 中間整備の効果はてき面。伸びを中心に上位機相手に接戦を演じており、今後も注目。
45 14 27.1 5.05 1 0 伸びは足りないが、出足に関しては不足感はなかった。ただし、気象条件に合わせた調整は必要。
46 (50) 31 27.1 5.12 1 0 初日はペラ調整を失敗。2日目以降は出足、行き足を強力にし、上位に近い状態も、フライング。
47 (40) 37 27.1 4.88 0 0 突出していい部分はないが、スタートが決まっており、道中の回り足も不足感はなかった。
48 (46) 55 27.0 4.88 0 0 特徴的な部分は見られなかったが、相手次第では優勢に運ぶ場面もあり、中堅は十分ありそう。
49 (47) 16 26.6 5.16 0 0 道中さばけず後退の場面も多かったが、行き足、伸びに関してしては不足感はなかった。
50 (55) 13 26.4 4.42 1 0 初日は行き足が上向き、その後は回り足も良化。前節を思えば見違える足になっていた。
51 (48) 49 26.4 4.89 1 1 女子には伸びで大きく差をつけられていた。ハンドルさばきで何とか着を上げていたが…。
52 (49) 2 25.0 4.30 1 0 特徴的な部分がなく、小さくまとまった印象。自力で攻められる足ではなく、突破力に欠ける。
53 (43) 29 25.0 4.71 3 0 初日はまくり差して見せ場を作ったが、3日目に転覆してからはターンにならず、回り足が下降。
54 (57) 26 23.2 4.68 1 0 序盤は非力だったが、2日目に新ペラに交換してからは、全体にパワーアップし、中堅は十分。
55 (52) 21 22.4 4.41 1 0 序盤に比べればスタートの行き足は整っていたが、展開を突けず、正味の足は不足していた。
56 (58) 41 22.4 4.36 0 0 最終日にピストンリング交換で行き足、回り足が急激に良化し、連勝を果たした。
57 (56) 63 22.0 3.48 0 0 直線は及第点を与えたが、伸びに関しては不満。見せ場を作ることはできなかった。
58 (54) 9 21.0 3.95 0 0 初のスロー戦でスタートに苦労していたが、道中はオーバーターンで回り足の不安を露呈。
59 (63) 44 17.8 4.43 1 0 優勝戦では目立たなかったものの、予選では連日出足、回り足が鋭くコース不問のパワーを発揮。
60 (64) 15 17.3 4.11 0 0 ペラ調整の反応はあっても、特徴が突出するだけでバランスを取れず…。上位機に対しては劣勢。
61 (59) 28 17.0 3.79 0 0 伸びず回り足も足りず、終始、厳しい状態。果敢に踏み込んだが、フライングでツキもない。
62 (61) 25 14.0 3.58 0 0 2走目の転覆後はサッパリ。ペラに整備と手を尽くしたが、良化の兆しは見られなかった。
63 (62) 54 13.9 3.74 0 0 前検日から行き足が足りず、レース足も目立たなかった。本体整備も効果も見られず…。
64 (60) 23 13.7 3.45 0 0 起こすタイミングは他と一緒でも、スリットで置き去りにされるほど行き足がなかった。
65 32 10.2 3.10 0 0 2走目にカドからまくり、行き足上昇を示したが、その後はターン回りが良くなく展開突けず…。

公式アカウント

  • LINE
  • Twitter
  • Facebook
  • Youtube
TOPへ